磯の人(not漁師)ヴォルドによる、散財と舞台探訪の記録。
ごきげんよう、ヴォルドです。

ここ最近、朝晩の冷え込みと日中の陽気との温度差で風邪を引いております(;´Д`)
・・・ゲームのやりすぎでの寝不足が一番の原因ですかそうですかorz

追い討ちをかけるように、またもやモニターが逝きました(;´Д`)
今回の症状はバックライトが点灯しないというもの。
昨日の夜までは問題なく映ってたのですが、今朝になってつけてみると画像がうっすらと浮かぶ程度(つД`)
sofmapの五年保障がまだ残ってるので、再度修理に出してもいいんだけど・・・
とりあえず、今は弟のモニターを借りてる状態です。
年末のボーナスで液晶モニターを買おうかなぁ・・・

同志達の日常

山六最上
なにやら新しいネトゲを始めたらしい。
っていうか、ニートと共にネトゲやったら危険じゃないかと(;´Д`)
っていうか、休みならメールの返信ぐらいしろよコンチクショウ(ぉぃ
エロゲばっかりしてるから(以下検閲削除
「オマエモナー」と切り返される覚悟完了(ぇー

あずき団子
反応なし(ぇ
ニート度が加速度的に上昇していると思われます(ぇ

関空氏
こちらも更新なし…(;´Д`)



D.C.S.S。
冒頭から、さくらの布団潜り込み攻撃。
慌てふためく純一に対して、音夢は余裕の対応。これが勝者の(ry
で、アイシアの態度が初期の純一に対するそれと同じで笑った(笑)
大まかな内容としては、さくらの家の掃除と魔法についての問答。
ここから終盤まで、魔法についての内容が続くんだろうか…
さくらの声で「魔法は危険」なんて言われたって、説得力が(何
なんせ広域結界を破壊するような砲撃魔法使うんだし(中の人繋がり

ラムネ。
今回は鈴夏当番回。
原作から柔道だったんだっけ?(やったことないから知らない
先週は少しマシだった作画レベルも、今週はまた危険領域に(;´Д`)
さらに、このゆるゆる感では寝てしまいかねない(ぉ

舞乙。
現実は厳しいということをあえて描くところが凄いと思う(ぇ
って言うか、なんでアニメイトみたいな店があるの?(笑)
普通にフィギュアとか置いてるし(笑)(そして、ナツキだけ値段が…orz)
公式見解としては、ミコトが持ち出したということになったけど
実際にはちゃんと犯人が居たみたいだし。さらに黒幕も?
ナオの紅い爪は健在だったけど、HiMEと違って筋の通ったキャラみたいで好感度↑
友人の励ましや激励を受けて成長するって言うのは、主人公の王道ですな!

BLEACH。
夜一と砕蜂の馴れ初めを描く(ぇ
回想メインだったけど、今回もキャラを掘り下げる意味での演出は上手かった。
禿とオッサンは放置で(マテ
一護と白夜の闘いがそろそろ本格化しそうな雰囲気。
DBみたいな展開になってるけど、それなりに面白いからOK(ぇー

Canvas2。
アイキャッチが美水かがみだった。キャラはオリジナルかな?(ぉ
本編の進行として、序盤にギャグを持ってきて後半シリアス。
特に最後は、エリスが「お兄ちゃん大好き」から一人の男性として好きになる、
みたいなのを描いてたんだけど・・・なんかなぁ・・・(;´Д`)

なのはA's。
今回ははやて側のお話。闇の書の起動から現在まで。
最初は闇の書の完成を目指していなかったみたいで、普通の生活を送ってたみたい。
でも、はやての病気の原因が闇の書にあることを知ってからは、焦って完成を目指したようですな。
完成させた闇の書が目当てではなく、完成させることで
はやてに掛かった呪いを解除させるっていうのが泣かせる。
一方なのはサイドは、クロノの師匠が登場。
双子の使い魔って・・・思いっきり猫耳っ娘じゃん!グレアム提督クオリティタカス。
そして、ユーノがこの二人に食われるのは何時ですか?(マテ

ぱにぽに。
今回は謎のウイルスによる病気、というのがテーマのようで。
メインはD組。動物王国(ぇ
相変わらず、黒板の文字によるネタ振りには大笑いしてしまうわけで(笑)
芹沢のメカ着ぐるみもクオリティ高かったし、メソウサの活躍もあったし(謎
コメントとして書くと味気無いような気もするけど、今回も面白かった。
C組6人のタイツ姿が妙にエロかったのは言うまでも無く。(最悪だ

はっぴぃセブン。
今回は双子の話。央美ちゃん二役乙。
双子でもそれぞれは違う人間であると言うことを認識させる良い話だったんですが
菊之介のロリコンぶりが気になって(ry

ARIA。
左手お仕置きキャンペーン。ヤヴァイ、可愛すぎ(*´Д`)
まぁ、それ以上にアリア社長はラブリーなんですがね(*´Д`)ハァハァ
一見ポーっとしてるけど見てるところはちゃんと見てるって言うキャラは素敵だなぁ
気が付かない振りをしてるというか、さり気無い優しさって言うか。
今回も藍華が居なかったせいで恥ずかしい台詞連発。だがそれがいい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://integratyper.blog11.fc2.com/tb.php/65-cf607875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック