磯の人(not漁師)ヴォルドによる、散財と舞台探訪の記録。
ごきげんよう、ヴォルドです。

土日は、何故か多忙でした(何
まずは土曜日。
朝から日本橋に行くつもりが、早朝(AM8:00)に叩き起こされ
「脱穀作業するから手伝ってくれるか?」と半ば強制出動指令orz
朝食を済ませてからすぐに現場まで移動し、作業を手伝うことに。
後片付けを含め、全作業が終わったのは13時を回っていましたorz

帰宅すると、携帯には大量の不在着信が(;´Д`)
半分は関空氏で、もう半分が日本橋で落ち合うはずだった友人達。
「到着が16時頃になるので放置プレイよろ」のメールをお送り、昼食を摂って即出撃。
地下鉄なんば駅に着いたのは15時30分ぐらいでした・・・。

なんばに着いてからの行動は毎度のことと同じで、ソフマップから始まる定期巡回ルート(笑)
まずソフマップで「はぴねす!」を購入。 そのまま階下に移動して書籍類を購入。

はぴねす!
書籍関係
(購入した書籍関係に目を通せていないのは仕様ということで(ry)

その後はPCパーツ屋を数軒回り、3.5インチベイに付けるオプションパーツを物色してました。
まぁ、財布の中が氷河期なので偵察任務だけ(ぇ
最有力候補はUSBポート。背面にたくさん付いてるので、ちょっとでも前に持って来たい。
第二候補は温度センサー付きファンコントローラー。
温度に応じてファンの回転数を自動的に調整してくれるスグレモノ。
どちらもそんなに必要じゃないので(何、よく考えてから買おうかと。
どちらにしても、購入は給料日以降ということで一つ(ぉ

ゲーセンでちょっとだけ遊んで、17時過ぎには難波を出ました。
力仕事をした後に出掛けたので、帰宅したときにはグロッキー状態(;´Д`)
夕食を摂ろうとしていると、関空氏から電話が。
関東に遠征していて、日曜日のイベント(コミックキャッスル)の打ち合わせ。
殆ど調査してなかったので、一旦電話を切り夕食後に調査開始。
小一時間で調査は終了し、溜まってたアニメを消化しつつ、ECOをやってると
21時ぐらいに再び関空氏から電話。
調査内容を告げて、買い物をお願いした。
その直後、あずき団子から電話が。
内容は日曜日のサイン会in大阪に参加するとのこと。
どうやら、関空氏との間で等価交換が行われたようである(笑)
参加条件の「商品orアンケート葉書とレシート持参」も手配済みとの事。流石抜かりなし。

まぁ、そんなこんなで多忙な土曜日は終わった訳です。
日本橋で合流予定だった友人からメッセで問い詰められたのは秘密の方向で(ぉ


続いて日曜日。
上記に書いたように、サイン会である。(詳細はこちら)
10時から整理券は言うことで、現地には9時30分に着く様に移動した。
途中、三ノ宮駅で関空氏のお母さんからブツとレシートを受け取る。
大阪に着いてから、何を思ったのかわざわざ東梅田まで移動していることに気が付く(マテヤ
御堂筋線で行った方が早いにも拘らず、遠回りをしている俺ガイルorz
で、結局整理券配布場所のザウルス1には9時40分ぐらいに到着。
貰った整理券には14時開始の文字がorz

予想以上に時間が空いたので、あずき団子とゲーセンで時間をつぶす事に。
11時過ぎぐらいまで遊んで、またいつもどおりの巡回コース(笑)
単行本を大量に仕入れていたあずき団子を見て、自分もこういう買い方をしているんだとしみじみ(ry
難波から恵美須町までの区間を歩き回り、適当な時間になったので
イベント会場であるザウルス1に移動。
8階まで上がるのにエレベーターを待っていたのだが、階段も使えると言うことで5階から階段を使った。
イベント会場に入ると、既に結構な数の人が(それでも70人ほど)
整列している状態だったので特に思うところ無く最後尾へ。

間も無くしてイベント開始。
最初の登場したのは、本日の大本命である「はぴねす!」原画担当・こ~ちゃ氏。
見た目普通の人で、大学の先輩と言っても通用しそうな風貌だった(マテ
続いて、ミア・クレメンティス柊杏璃役の成瀬未亜女史、
朝霧麻衣小日向すもも役の安玖深音女史の登場。
お二人ともキャラのコスプレをしており、ぶっちゃけ萌えた(死

最初の15分ぐらいはトークショーがあって、その後にサイン会という流れだった。
サインと一緒にくじびきがあり、1等・2等・ハチ賞(謎)とのこと(笑)
このくじ引きは箱を持つ安玖深女史とくじを開封する成瀬女史とで構成されていた(ぇ
関西だからと言うのがあるかも知れないが、成瀬女史が煽ると会場のオーディエンスは即座に反応。
「パ・ジェ・ロ!パ・ジェ・ロ!」と意味不明な掛け声とともに手拍子とか。
客の方も負けておらず、くじを引くときにネタを仕込む香具師も多数居た。
無論、成瀬画伯の手によってくじ引きの箱がディテールアップされたこともここに記しておく(ぇ
そんな中、小心者の俺は特にネタを仕込むようなことは出来なかったのだが、あずき団子はやってくれた。
内容はこんな感じ。

あずき団子:(´▽`)ノ▼<告訴します!

成瀬未亜:Σ(゚д゚;)*~<告訴されましたよ?!

安玖深音:(;´-`)ノ□<・・・敗訴です。

あずき団子:orz

流石あずき団子。クオリティタカス。会場も大盛り上がり。
関空氏のパシリ要員だったあずき団子も楽しめたようで、満足げだった(笑)

イベントが終了した後、かなり遅い昼食を摂り(ぇ神戸のソフマップに移動。
店内を一周した後、ゲーセンでまたSEEDをプレイ(笑)
18時ぐらいまで遊んで撤収となった。

書籍関係
RX-178 Ver.2.0

土日両日まるまる遊んだりしてると流石に疲れるもので、23時ぐらいには寝てました。
充実した休みだったので満足ではありますけどね(笑)


同志達の日常

山六最上
ついに新しい車が納車されたらしい。(と言っても中古車らしいけど)
日曜日は慣らし運転をした模様。
足回りは硬いけど、インテほどじゃないとの事(笑)

あずき団子
更新は何時になるんでしょう?(;´Д`)

関空氏
こちらは、土日のレポが近日中に上がることでしょう。



Canvas2。
相変わらず省エネ作画で(ry それがトライネットクオリティ。
内容は可奈とのデートだったんだけど、霧とエリスがスニーキングしてた(ぇ
ゲームの方では、練習の筈が本番まで(ry
流れ的にエリスENDになりそうなんだけど・・・
原作とは流れが違うので、生暖かく見守っていく所存。
やっぱりコミックの方が万倍面白いのは仕様ということでFA。

ぱにぽに。
今回はRPGちっくな作りだった。途中にイベント絵も入ったし(何
って言うか、Hボタン連打にはオメガ吹いた(笑)
終盤のアクションシーンは、製作側の気合が垣間見えた(笑)
ギャグモノなんだけど、微妙なノリがツボに入ると言うか(笑)
デコが某キャラと同じように光まくる都が最高ですなヽ( ´ー`)ノ

フルメタTSR最終回。
カッコイイアーバレストキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !
まぁ、その前に素晴らしいコンボを決めたかなめが居るわけですが(ぉ
って言うか、宗介はかなめが居ないと駄目らしい(笑)
かなめの喝で気合が入った宗介は、アーバレストのラムダドライバを完全に稼動させていた。
って言うか、AS戦が神掛かっていたヽ( ´ー`)ノ これぞ京都アニメーションって感じ。
モミアゲのゲイツもカッコ良く散って逝ったし、何も言うことなし。
アーバレストとシャイニングガンダムを重ねてしまったのは俺だけじゃないはず(ぇ
戦闘後の、宗介の吹っ切れぶりも凄かったけど、規律面で見ると少々やりすぎのような(;´Д`)
次回作を匂わせるような幕の引き方だったので、またやってくれることでしょう。

はっぴぃセブン。
七福神だからはっぴぃセブンか、安直な(ぉぃ
今回は大まかな世界観の説明と、穢れを祓う見本みたいなのをやった感じ。
一歩間違うと風俗&犯罪になりかねない展開だった(笑)
やっぱり、深夜に放送するアニメじゃないと思うわけです(ぇ

ARIA。
新キャラキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !
登場時はツンツンしてたので「またツンデレか」と思いつつ、属性持ちなので期待してたわけですよ(ぉ
まぁ、予想は見事に的中するわけですが(笑)
恥ずかしい台詞が連発する中、灯里とアリスは仲良しさんになりましたとさ(笑)
原作の一巻を読んでみると、シナリオは同じでも若干違う部分があってそれはそれで面白かったり。
癒し系の作品なので、これも深夜に放送する必要は無いと思うんだけどなぁ…

SHUFFLE。
稟がプリムラのことで悩んでるのは良いんだけど、ちょっとしつこいかな?
最終的に亜沙先輩の言葉で決心するんだけど・・・
周りの言葉で決心が揺らぐのは、こういう作品の主人公としてはどうかと(;´Д`)
原作と展開が全然違うので、今後に期待。

ノエイン。
なるほど、舞台は函館か(何
第一話と作画が別作品並みに変化してるのはどうよ(笑)
まぁ、動きも良かったし絵も綺麗だったので満足。
ストーリーも、小学生特有の悩みってのを上手く表現していて面白い。
作品の世界観が今一つ掴みきれていないので何とも言えないけど
今後の展開が非常に楽しみである。

軍曹。
Aパートは、夏美の右手がギロロになる話。
ぶっちゃけ「美鳥の日々」?って思ってしまったのは俺だけで良い(ぇ
スポコン風味な展開は中々よかったかな?(笑)
Bパートは小雪の話。
思いっきり忍者バトル・・・って、空飛んだり影分身したり何でもアリだな(笑)
結局はスカウトをするため、実力を試したてたって事だったけど。
可も無く不可もない展開だったな…(;´Д`)
って言うか、モア殿の出番をもっと!(ぉ

ふたご姫。
当初の目的を完全に見失ってるプリンセス一向。
ブライトの変貌振りには驚きを通り越して呆れるとしか…(;´Д`)
偽者を仕立てあるというのは、はっきり言って三流のやり方…(ぉ
まぁ、牢屋から抜け出すのにプロミネンスを使わなかったというのは良かったね。
シェイドがやってくるのはご都合主義だったけど(笑)
そして、ティオきゅんがボケてくれたのも予定調和(ぇ
最終的に丸く収まったのは良かったけど、やっぱり最初の頃とは別作品の印象が。
まぁ、ファインとレインが成長してるのを垣間見れるのは良いとこですが(ぉ

BLOOD+。
こっちはかなりシリアスな展開。小夜がどうやって引き取られたかも語られたし…
っていうか、父親がこんなに早く死ぬとは(;´Д`)
次回からストーリーが一気に進む予感。
この作品は、晩飯時間に放送する内容じゃないような気もするけど・・・
見ていて面白いからそれはそれでOK(ぇー

カレイドスコープ。
やっぱりギャグ色の強いこの作品。
フィギュアスケートが題材らしいけど、どうも・・・
吼える川澄を聞けるので、それはそれで面白いかも(ぉ
展開は可もなく不可もなく。少女マンガチックといえばいいのかな?(ぇ

シャナ。
ツンデレ最高潮ヽ( ´ー`)ノ
学校でシャナが先生達を(違う意味で)斬り捨てていくのは爽快ですなぁ(笑)
まぁ、それだけ高校の教師が腐ってるということなんだけど(笑)
後半ではシリアスパートになり、学校が戦場に。
巻き込まれたクラスメイトが血みどろになってるんだけど、ここで違和感が。
時間の流れと隔離されてるのであれば、爆発に巻き込まれても血は流れないんじゃ?
倒れてる格好も、明らかに動いてるような感じだったし…
で、友人の存在力を使って元に戻すのを嫌がった悠二は、自分のを使えという・・・
トーチの炎が消えかけた瞬間、炎の大きさが元に戻るのに気が付くシャナ。
原作を読まないことには判らないんだろうなぁ>先の展開
とりあえず、ツンデレ釘宮にハァハァしつつ見続けていこうと思います(笑)

ヒビキ。
ザンキさん大活躍。それだけで嬉しい。
ここ最近ギャグのような展開が続いてたので、一気にシリアスになったのは良いですな。
桐谷のうっとおしさにはいい加減飽きてきたので、そろそろ退場願えませんか(;´Д`)
「俺はいずれヒビキさんの弟子になる」って、運動出来ないお前にゃ無理だ(゚∀゚)
前回、川に落ちたアキラは朱鬼に助けられた。
憎しみを捨てろというザンキさんと憎しみはお前の力となるという朱鬼。
この辺の対比は面白いなぁ。
前回ヒビキさんが言った「鬼になるという事は鬼にならないこと」というところに掛かってるんだろう。
結局、アキラは憎しみを捨てることは出来ないらしく、朱鬼に弟子入り。
師匠であるイブキの言うことにも耳を貸さない徹底振り(;´Д`)
結局、自分を犠牲にして魔化魍を倒すことには成功した朱鬼(トドメはザンキさんが決めたけど)
そのまま息を引き取った(;´Д`)
最後、雨降る公園でアキラが泣いていたのは、何に対して泣いていたのだろう…
単純に考えると朱鬼の死を悲しんでた様だけど…
しかし、凛々しく渋いザンキさんが帰ってきて嬉しい限りです。
「鬼の仕事は命を守ること」って辺りもかなり良かった(*´Д`)

ゾイド。
コトナの過去が語られる回。
何気に武装集団だったのね(笑)どっちかというとアサシン系?
いろいろと伏線を張りまくった回だったなぁ。
レインボージャークとソードウルフの新装備も披露してたし、楽しめた内容だった。
で、問題のED(笑)
本編がシリアス展開だっただけに、EDではっちゃけ過ぎ(笑)
要するに、コトナとミィ様によるルージ争奪戦と見て相違無いのかな?(笑)

ほぼ一週間分溜めてると、一言二言感想を書くだけで膨大な量になるなぁ(;´Д`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://integratyper.blog11.fc2.com/tb.php/59-81f9677f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック