磯の人(not漁師)ヴォルドによる、散財と舞台探訪の記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごきげんよう、ヴォルドです。

今回はアニメのロケ地探し、所謂「聖地巡礼」の報告をしたいと思います。

広島県 「たまゆら」ロケ地訪問録 act.02

「たまゆら」の舞台となっている、広島県は竹原市。
今回も作品と実際の風景を比較しながら、ダイジェストで御案内致します。
今回は第二話中心に、前回の撮り逃しやリベンジも付け加えています。

JR竹原駅



駅の入り口が、微妙に合わなかったりする件・・・

国道185号線



そこそこ交通量が多いのと、車を停める場所がないのでご注意を。

町並み保存地区







前回のリベンジ含む。
先月来たときに思いっきり前を通ってるのに、達磨に何故気が付かなかったのか・・・。

普明閣









前日の雨の名残で、床が湿気てたw

的場西海水浴場





釣り人が大量に居ました。あと満潮ェ・・・

広駅前バス停



ここを特定出来るとは思ってなかった。ゆとにゃん君には感謝でゲソ。

下蒲刈三之瀬









作中そのまんまだったので、感動した。
バス停については・・・。アングル合わせが難しすぎた(;´Д`)

松濤園

通常だと入場料800円取られますが、JAFカードを提示すると1枚で3人まで団体割引可能。
でも、このカットは入り口の所だから、入場料払わなくても撮影出来たりするわけで・・・

白雪楼
















実際には、美術館の別館ではなく隣の茶屋だったりします。
所々撮り逃しのカットがあったり。あと、天井の文字の向きを間違えたw
作中のキャプを確認すると、実際の文字から一部分だけを取り出してコピペしてましたw

蘭島閣美術館

「着いたー♪」と伸びをする小学生の姉弟は居ませんでした。

日本橋東詰

望遠レンズと三脚を引っさげてリベンジ。
歩行者用信号と陸橋の階段の位置関係が合わない・・・

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会 にすべて帰属します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。